mintizm Feb 13th 2008 that will ring! yes we can change!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Feb 13th 2008 that will ring! yes we can change!

オバマ君の勢いがアップしてきたよ。
今日は、首都ワシントン、メリーランド、バージニア!!
獲得代議員の数も、ついにオバマ君がヒラリーちゃんを逆転しましたよ。
 
黒人が多い州では指示が圧倒的に多いようやったけど、
メイン州のような、白人多数の州でも獲得したし、聞くと人種に関係なく、彼を支持する人が多くなってきていると言うの。

なんかさ、ホンマに変えてくれそうなんよね。
若いってのもあり、パワーがちゃうよね。

今朝、友達から転送メールが来たんやけど、それがね・・・。
先日ココで紹介した Yes we can song!についてのメールやったの。

もう知ってるってば(笑)て感じやけど、
送ってきた友達は黒人やねんけど、かなり指示が高まっているみたいやね・・・クリントン君が大統領の時に、実際黒人の支持者が多かった(ブラックプレジデントとまで言われてたりもした)ので、ヒラリーちゃんにそのまま流れていた人もいてはるんです。それがここに来て、オバマに流れ出しているらしいのねぇ・・・・しかし、人種に関係ないとは思うのよね。
指示がアップしてるんは、このようなグラスルーツ的なサポートが行われているせいもあるよね。
しかし、私に言われても・・・選挙権ございませんが・・(爆)

アメリカの選挙って、なんかやる気があって好き。関心が多い人がたくさん居てはるよね。
ちょっとややこしいけどさ、自国のトップを決めるのに、参加したいよね。


そのメールには、詞もつけられていて、
改めて読んでみるとさ、やっぱり yes we can change!!!てこぶしを挙げたくなるわ




Lyrics:
It was a creed written into the founding documents that declared the destiny of a nation. Yes we can.
It was whispered by slaves and abolitionists as they blazed a trail toward freedom. Yes we can.
It was sung by immigrants as they struck out from distant shores and pioneers who pushed westward against an unforgiving wilderness. Yes we can.
It was the call of workers who organized; women who reached for the ballot; a President who chose the moon as our new frontier; and a King who took us to the mountain-top and pointed the way to the Promised Land.
Yes we can to justice and equality. (yes we can) Yes we can to opportunity and prosperity. Yes we can to opportunity and prosperity. Yes we can to opportunity and prosperity. Yes we can heal this nation. Yes we can repair this world. Yes we can. Si Se Puede.
We know the battle ahead will be long, but always remember that no matter what obstacles stand in our way, nothing can stand in the way of the power of millions of voices calling for change.
We want change!
We have been told we cannot do this by a chorus of cynics who will only grow louder and more dissonant. We've been asked to pause for a reality check. We've been warned against offering the people of this nation false hope.
But in the unlikely story that is America, there has never been anything false about hope.
We want change! I want Change.
The hopes of the little girl who goes to a crumbling school in Dillon are the same as the dreams of the boy who learns on the streets of LA; we will remember that there is something happening in America; that we are not as divided as our politics suggests; that we are one people; we are one nation; and together, we will begin the next great chapter in America's story with three words that will ring from coast to coast; from sea to shining sea - Yes. We. Can.

ゴメンそれぞれで訳してくださいまし・・

以下の有名人たちもサポートに名を上げているんやって。
adam rodriguez, alfonso ribeiro, amaury nolasco, amber valletta, auden mccaw, anson mount, austin nichols, aisha tyler, bryan greenberg, cliff collins, common, derek watkins, ed kowalczyk, enrique murciano, eric balfour, eric olsen, esthero, fred goldring, harold perrineau, herbie hancock, hill harper, john legend, john schaech, kareem abdul jabbar, kate walsh, kelly hu, maya rubin, nick cannon, nicole scherzinger, sam page, sarah wright, scarlett johansson shoshannah stern, taryn manning, tatyana ali, tracee ellis ross


that will ring! yes we can change!



Comments

yes he can cange!

黒人が大統領になる時こそ(でもバラク・オバマはその昔船でつれてこられた人の子孫じゃないけど)
アメリカはアメリカになるのかなあ。無理やり文化を押し付けられてきたアフリカン・アメリカンがアメリカ人そのものと思ったりするんだ。

★noboさん

アメリカ・・・表向きだけじゃなく、内からも変わってほしいと願います。
  • 2008.02.14 12:14/
  • sole URL/
  • 編集

コメントの投稿


非公開コメント

About Me

sis sole

Author:sis sole
My life with a music♪
R&B Soul,Funk,Hip Hop...
Jazz,Reggae...Black Music Lover♪
I am Deconstructed+Reconstructed+upcycle clothing+shoes+accs...Handcrafter
Let's talk about
Black Music,Movie,Culture,Fasion,Foods,
Blah Blah Blah.....

Category
Recent Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Entry Archive
Counter
Link
このブログをリンクに追加する
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。