mintizm Jan 29th 2008 KILLER OF SHEEP

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Jan 29th 2008 KILLER OF SHEEP

KILLER OF SHEEP オフィシャルサイト ここ
1970年代に、このような黒人映画があったやなんて・・・驚いた。
わるりんのサイトで知りました。詳細は、わるりんのところで・・ここ

1977年 UCLA映画科 チャールズ・バーネットが卒業制作で作った映画です。
バーネットをご存じない方・・・マーティン・スコセッシがプロデュースした、ブルースプロジェクトで名前を見たことあるはずでは???
余談やけど、同じくUCLAの映画科 アレックス・コックス(Repo Man、Sid and Nancy、Straight to Hell .......)がこの作品を、授業で見せられて絶望したと、あとで知った。う~んなるほどね。
2007年、スティーヴン・ソーダバーグが資金提供してDVD化されました。
残念ながら日本では発売されておりません。されへんでしょう~。

私は、この映画知らへんかったです・・・
わるりんのレビュー(thanks a lot sis)と、このトレーラー↓で、魅了されてしまった。
ヨーロピアン映画を観ているような感じでしょ。


ワッツ サウスセントラルが舞台。羊やヤギの屍処理場で働くスタンとその家族が描かれている。
日常の出来事を、詩的・・・・ポエティックで・・素晴らしい音楽(jazz, blues)、
奏でたドキュメンタリー映画のよう。

二人の男が、ネイバーの家からテレビを盗み出している。
息子にイライラするスタン。娘はお人形と遊び、テレビを見ながら Reasons by E.W.&Fを歌っている・・・・でもお人形は白人。
日常・・・リアリティーを感じた画。

killer of sheepターンテーブルに、針を落として、主人公スタンが、美しい妻とダンスを踊るこのシーンがセクシーで好き。



情欲、情熱、情愛、絶望、そして・・・・死
日常に起こる出来事を、モノクロの画と素晴らしい音で仕上がった
スタイリッシュな映画
30年も前にできた素晴らしい ブラックムービーに参りました。



life in the ghetto



このDVDは、お墓まで持って行きたいと思います。

Comments

私はスタンがお茶飲むシーンが好きです。私もあの世まで持っていきたい作品の一つ。いや、これ一本で十分かも。
  • 2008.01.30 04:18/
  • わるりん URL/
  • 編集

わるりん

やっと・・・書けました。初めて見たときは、わぁ〜すごい!めちゃやられた!!のひとことで、もう一度じっくり観て・・・やっぱり、すごい!素晴らしい!映画でした。
ほんまに、教えてくれたわるりんに感謝よんv-344

これからも、どんどん映画の紹介お願いしまーすv-436
  • 2008.01.30 09:17/
  • sole URL/
  • 編集

コメントの投稿


非公開コメント

About Me

sis sole

Author:sis sole
My life with a music♪
R&B Soul,Funk,Hip Hop...
Jazz,Reggae...Black Music Lover♪
I am Deconstructed+Reconstructed+upcycle clothing+shoes+accs...Handcrafter
Let's talk about
Black Music,Movie,Culture,Fasion,Foods,
Blah Blah Blah.....

Category
Recent Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Entry Archive
Counter
Link
このブログをリンクに追加する
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。